オリゴ糖を多く含む食材と効果の違いとは?

オリゴ糖は、果糖やブドウ糖及び乳糖などが複数連なっている多糖類であり、ヤーコンやきな粉、砂糖大根、ササゲ、タマネギなどの食材に多く含まれ、特にインゲン豆やえんどう豆、そら豆などの豆類の食材に豊富に含まれています。
この多糖類は、100度を超える加熱や食用酢などの酸に対して安定性が高いので、煮る焼くなど調理方法に制限が無く、非常に摂取し易い栄養素ですが、腸内環境の改善をサポートする難消化性と、体内に栄養素として吸収される消化性に分類され、ガラクトやフラクト、イソマルト、ラフィノースなどの種類があり、それぞれに特徴と効果を良く理解して毎日適量摂取した方がより効果的とされています。
ガラクトオリゴ糖は、ゴボウやタマネギに多く含まれ、難消化性の糖吸収阻害作用による血糖値抑制作用があり、フラクトオリゴ糖は牛乳に多く含まれ、難消化性の糖吸着作用によりコレステロール抑制作用があります。
イソマルオリゴ糖は、トウモロコシに多く含まれ酸や熱に強い特徴があり、ラフィノースはビートや甜菜に多く含まれ、腸内環境を整える作用があるので、自分が望む効果を有する種類のオリゴ糖が含まれている食材や、栄養補助食品を摂取する必要があります。

pict1

オリゴ糖で花粉症を改善させる方法を教えて

オリゴ糖は花粉症そのものに効くというわけではなく、あくまでその原因の改善に役立つといった立ち位置です。
よって劇的に症状を抑えるような薬の作用はありません。
オリゴ糖で花粉症を改善したいのであれば、ひどくなる前から身体に取り入れておく必要があります。
つまり、その季節だけではなく通年を通して食事などに取り入れるのが正解です。
花粉症は免疫がうまく作用しないときにおこります。
免疫は腸内環境と密接な関係があります。
アレルギーを抑制するための抗体である「IgA抗体」の働きが、腸が悪化することで弱まってしまうからです。
よってアレルギー反応を抑えるためには腸の環境を良くして「IgA抗体」が活性化しやすい状況を作ってあげることが大切です。
オリゴ糖を摂取するとこの「IgA抗体」を増やすことが期待できます。
腸内環境をよくするためには発酵食品とともに、オリゴ糖を取り入れるのがベストです。
毎日続けて腸に入れることが大切なので、発酵食品がなければないで、他のものに混ぜて取り入れても構いません。
今年も花粉症になったからオリゴ糖を摂取しようというようなスタンスではなく、ずっと続けていくようにしましょう。
これが花粉症を改善するためのコツです。

pict2

オリゴ糖はケーキ作りに使える?

オリゴ糖は、ケーキ作りに使うことができます。
甘さがあるのにカロリーを控えめにできるので、オリゴ糖を入れたケーキは女性に人気があります。
甘さが上品なので、体重を増やしたくないけれども美味しいケーキを食べたい人にはぴったりです。
コーヒーや紅茶を飲む時に、砂糖の代わりに使うこともできます。
また、煮物や和え物にも使うことができ、とても便利です。
オリゴ糖には、様々なメリットがありますが、その一つが整腸作用です。
腸内環境が良い状態だと、便秘の心配はありません。
しかし、腸内環境が悪化すると、便秘になりやすくなります。
腸内には、善玉菌と悪玉菌がいます。
善玉菌が減って悪玉菌が増えると、健康に悪影響が出てきます。
オリゴ糖を摂取すると、善玉菌のエサになるため、善玉菌を増やすことができます。
善玉菌の一種であるビフィズス菌が増えることで、腸内の環境が良くなり、便秘の改善効果も期待できるのです。
日本人にも人気が高いバナナには、食物繊維が豊富に含まれています。
バナナにはオリゴ糖も含まれているので、バナナケーキにして食べている人も少なくありません。
ミネラルが多い甜菜糖も、砂糖の代わりになります。
精製された砂糖でなく甜菜糖を使うことで、カロリーも控えめにできます。

pict3

オリゴ糖の効果的な摂取方法とは?

腸内の環境を整える働きを持つオリゴ糖ですが、その効果的な摂取方法についてご紹介します。
そもそもオリゴ糖とは、母乳から発見された成分であり、糖類のひとつで、腸内環境を整える働きを持つということで知られています。
約20種類あり、体に吸収される消化性のものと、消化されることなく大腸まで到達する難消化性の二つに分かれます。
しかしどちらにも言えることが、腸内環境を整えるということなのです。
その他にも便秘の改善や美肌効果、ダイエット効果、動脈硬化の予防など様々な効果があげられます。
それでは、オリゴ糖を効果的に取り入れるにはどのような方法があるのでしょうか。
まずタイミングとしては、食事中に摂取するのが望ましいとされています。
食事と一緒に摂取することでオリゴ糖がしっかりと腸にまでいきわたり、善玉菌を繁殖させることにつながります。
便秘の改善を目的に摂取したい人には、寝る前に摂取するのがおすすめです。
寝る前に飲む方法により、翌朝のお通じがよくなる可能性があります。
そしてオリゴ糖と一緒に食べるとよいと言われているのが、ヨーグルトです。
ヨーグルトには善玉菌が豊富に含まれているので、腸内を整えるためにより効果を発揮するでしょう。

pict4

コーヒーに入れる利点は?

ブラックが飲めないので、砂糖を入れて飲みます。といった人は多いのではないでしょうか。
砂糖が少ないと苦いですし、多いと糖分の摂取量が気になります。
そこでコーヒーの苦味を緩和し、しかも砂糖より糖分が低いオリゴ糖を使ってみてはいかがでしょうか。
砂糖に代用する利点を説明いたしますので、健康のために参考にしてみてください。
オリゴ糖には消化性のものと難消化性のものがあります。
それぞれ小腸で吸収されるか大腸で吸収されるかが異なります。
どちらにしてもビフィズス菌を増殖し、腸内環境を整える役割があるので、軟便や便秘解消に効果があります。
また、オリゴ糖には様々な種類があります。
その中でもアスパラや玉ねぎ、ゴボウなどから作られるフラクトオリゴ糖や、サトウキビと牛乳を主成分とし、発酵させた乳果オリゴ糖は糖度が高いですが、カロリーは作用の半分ほどなので、コーヒーにはちょうど良いのかもしれません。
他にも血糖値を押さえたり、老化防止やミネラル吸収の促進、動脈硬化防止といった作用があり、美味しいコーヒーを飲みながら健康を維持できます。
様々な種類の中からコーヒーにベストマッチなものを探して、健康的で美味しいコーヒーを楽しみましょう。

pict5

関係性があるおすすめのウェブサイト

あなたはオリゴ糖にどんな効果を期待していますか?
上で色々と書きましたが、オリゴ糖には実に様々なことに効果的なんです。
特によく触れられるものとしては、便秘とオリゴ糖の関係ですね。
便秘をなんとかしたいと思っているなら、このサイトだけではなく、お通じのウェブサイトを訪ねてみることをおすすめします。